【レビュー】カリモクニュースタンダード カラーウッドプレーンを購入!

カリモクニュースタンダード カラーウッドプレーン

これまでリビングはできるだけ広く使いたかったので、リビングテーブル(ローテーブル)をあえて置かないようにしてきたのですが、引越し先のリビングの形の問題なのか、なんだかがらんと寂しい感じになってしまっていたので、リビングテーブルを買うことにしました。

いろいろ調べてたどり着いたのが「カリモクニュースタンダード カラーウッドプレーン(ラージ)」
ベーシックなものとは異なる、変わり種デザインのテーブルです。

個人的にカリモクニュースタンダードのデザインが好きで、ダイニングテーブルもここのものにしました(→カリモク ニュースタンダード スカウトテーブルを購入!)。値段は決して安くはないものの、かといって手が届かないというほどでもなく、思いきればなんとかなるレベルです。

正直家具をすべてカリモクニュースタンダードにしたいくらいなのですが、統一してしまうのはどうかと思うのでやめておきます(笑

カリモクニュースタンダード カラーウッドプレーンのディテール

カラーウッドプレーン(ラージ)
80,300円(税込)

素材はクリです。家具によく使われるオークと比べると、若干くすんだ感じがあります。

カリモクニュースタンダードはサステナブルな活動にも力を入れていて、これまであまり活用されてこなかった、国産のクリやナラといった広葉樹を積極的に素材として使用しています。

天板はクリ巾ハギ集成材

カラーウッドプレーン最大の特徴はそのデザインです。

天板は15角形で、脚(というか胴体)も同じく15枚のパーツからできています。
脚は、台形にカットされたパーツが組み合わさり、下部から上部にかけて緩やかに細くなっていますが、この部分には日本古来の「雇い実接ぎ(やといさねつぎ)」と呼ばれる技法が応用されているそうです。

15枚のパーツが組み合わさったサイド部分

リビングに置くと、床から切り株が生えているような感じになります。

切り株感

重さは9.5kgあり、床と設置する面には滑り止めも付いているので、少し押したくらいでは動きません。

カラーウッドプレーンの底面

サイズは、幅71.7cm、奥行き71.3cm、高さ32.5cm。コーヒーテーブルとしてちょうどいいサイズ感です。
今回紹介しているのはラージですが、カラーウッドプレーンにはこのほかにもサイズ違いの商品がいくつかあります。

・XL(幅89.5cm、奥行き89cm、高さ32.5cm)103,950 円(税込)
・ミディアム(幅60.3cm、奥行き60cm、高さ39cm)71,500円(税込)
・スモール(幅50.5cm、奥行き50.2cm、高さ45.3cm)61,050円(税込)

また、カラーペイントしたものや、天板にグラフィックを施したものなど、バリエーションが豊富にあります。

あとがき

カリモクニュースタンダード カラーウッドプレーンは、奇抜なデザインでありながら、不思議とそれが気にならず部屋に溶け込む普遍性もあります。
部屋にちょっとしたアクセントを加えたい方にオススメのリビングテーブルです。



KNS Colour Wood Plain

販売サイト:【FLYMEe/フライミー】

日本最大級の家具・インテリア通販サイト
FLYMEe(フライミー)
国内外のデザイナーズ家具がそろっています

家具通販界のZOZOTOWN的存在のFLYMEe。
ポイント(FLYMEeマイル)が結構付くのでお得です。新規会員登録で500円分のポイントがもらえます。